銀座 交際クラブの店舗情報

TOP >> 銀座圏

サイトマップ

日本一・日本最大の交際クラブ銀座クリスタル倶楽部
[銀座クリスタル倶楽部]

 広告掲載募集

 広告掲載募集

銀座圏の利用者からの情報

60代男性|空運業を営む土方さんの成功談

60代/男性/クラブ歴7年 東京在住の空運業を営む土方さんの成功談

僕が交際クラブを通じて出会った女性は、人の役に立つことに無上の喜びを感じる優しく温もりにあふれた人でした。社会意識と協調性が高く、人と互いに誠意を尽くして助け合えるようなそんな人でした。

以前の僕は、プライドが高く、失敗や恥をことさら避けようとしていました。それは常識や暗黙のルールを守り、世間の目を意識して行動する性格ゆえのことかもしれませんが。思いがけずかいてしまった恥の記憶は、僕の一生を左右する力を持つほど強烈に残りました。恥をかかない最善策は何もしないことだ、という極端な安全策に走るばかりに女性との出会いも空しく…。ただ時間が過ぎてゆくばかり。そんな時、友人に紹介されたのが交際クラブでした。前々から価値観や生き方が大幅に違う人を自分から遠ざける傾向があって、敵と味方をはっきり分けていました。その為、警戒心も強く、大きな意義と幸せを見つけられずにいたのです。はっきりいって、交際クラブへも期待はあまり出来ませんでした。なんせ、登録制で、自然な出会いなわけじゃないので、誰とでもよい関係を築けるわけではありませんからね。 しかし、そこで出会ったAさんという女性は、とても素敵な人でした。とても志の高い女性で、自分ですべてを把握し、成功に結び付けようとする完全主義と、状況の変化に身を任せる一面を持っており、彼女と時折見せる甘えが僕にとってはとても心地よいものでした。僕の趣味であるゴルフに一緒に行ったり、仲良くなってからは、一緒に料理を作ったり。一緒に進める共同作業に関しては、責任を暖味にする優柔不断な面が現れるものです。ただ、僕は、迷い始めると最初の一歩に時間がかかりすぎて、周囲がしびれを切らしてしまうことがままありまして、告白までには時間がかかったものの、彼女との常に新しい刺激を求め、たとがそれが皆無でも、未知の荒野に向かって突き進む勇気に共感し、今はよいお付き合いをさせて頂いております。交際クラブ万歳です。きっと友達に紹介されていなかったら、僕は今も独り身だったかもしれません…(汗)

30代女性|キャバクラ勤務小島さんが語る失敗談

30代/女性/クラブ歴1年群馬県在住のキャバクラ勤務小島さんが語る失敗談

私は、本来真面目で、自分で言うのもなんですが、周りを気遣う優しい気質なので、個人的な感情や利害を超えて、相手の利益となる選択をすることが多いです。それが裏目に出たのでしょうか。交際クラブで出会った彼。彼の魅力は決めたことを最後までやり抜く実行力。ポジティブに自分の興味を追求し、どこまでも妥協を嫌い狙った獲物を追いかけることに生きている実感を見出しているような…そんな人でした。そんな彼と出会い、会うたびに、どこか素敵な場所へ連れて行ってくれたり、サプライズ的なプ事、プレゼント等、彼に惹かれていくのはもう決まっていたかのようでした。そして彼と交際を始めましたが、そんな彼は、私には考えられないような考えがあったみたいです。実は、ドロドロした人間ドラマのようなものに強く興味を持っているみたいで。結婚していたらしいのですが、内緒にされ。挙句の果てに奥さんから電話が殺到。「主人から聞いたのよ!」なんて、言われちゃって。普通、不倫希望なら奥さんには絶対ばれないようにしますよね?なのに、彼は、波湖方丈の人生を歓迎する傾向があり、自由な環境下にいる限り、エネルギッシュだったみたいです。そんな私の毎日は超悲惨なものになりました。そんな事をされても立場の違いを越えて誰にでも公平に接するため、多くの信頼を得ている彼の事は好きだし。彼も分かれる気はないらしく。しかし、奥さんからは毎日毎日、いたずら電話といっていいほどのコールが。当の本人である彼といえば、行動はその時の思いつきで決めるのがほとんど。だから、とっさのアクシデントには素早く対応できたりするんですけど長期展望や長期計画に沿って物事を進めることは苦手だったみたい。結局、彼は自分で望んだ泥沼関係にピリオドを打ちました。「ごめん、俺、本来、自由気ままが大好きで、集団の利益や周りの人への配慮よりも、自分の気分を優先させるわ。」ですって…。交際クラブがいけないわけじゃないけど。もう少し相手の事を考えられる男性と出会いたいです。

50代男性|海運業を営む肥田さんの失敗談

50代/男性/クラブ歴5年 大阪府在住の海運業を営む肥田さんの失敗談

私は、常識や固定観念にもこだわらない柔軟な発想で世の中を泳ぐタイプです。結婚をしており、家庭を持っていますが、自分の考え方や流儀には必要以上に固執するため、周囲と歩調をなかなか合わせられません。また、悪気はなく、自分は自分という個性の強さと旺盛な自立心から出るものなのです。家庭を持って、家族のために生きるという意識も薄いのでしょう。ですから愛人という自由な関係を強く望み交際クラブを利用していました。そこで出会った女性は20人ほどいましたが、特に気に入った女性がいました。 彼女は、過去の出来事にこだわらず、過ぎたことはキレイに忘れて、ひたすら未来を見つめます。また、嘘がつけない正直者。ついた嘘を忘れてしまうということも多々ありましたが…(笑)。彼女はより素晴らしい明日に向かって休みなく前進を続ける、力強いバイタリティにあふれてる女性でした。勝つこと、強いことに意味を見出す彼女は、活躍の場と栄光を追い求め、あくなき挑戦繰り返していました。そんな彼女のまっすぐな所に惹かれ、事情を話し、愛人という形をとっていました。しかし、彼女と3回目のデートからでしょうか?お金に対して、とてもシビアでありがめつい事に気づかされました。しかし、私は、彼女を大事に想っていましたし、惜しみなくお金を使いました。最終的には、一緒に過ごせる部屋が欲しいといって、彼女名義でマンションもかりました。私は、それでも、利益が一致する人と協力関係を結んだと思っていましたので、彼女のために働きました。ただし、それも長くは続きませんでした。 彼女の魅力はさっぱりした人柄。そうして成功と失敗を経験し、たくましく成長することに生きる喜びを感じていたのでしょう。ある日突然連絡が取れないと思ってマンションへ行きました。すると…マンションはもぬけの空…。数日後には携帯解約…。いつか一緒に暮らしたいから…と言われ一緒に300万円程貯金をしていたのですが、その通帳は空の状態でおいてありました。ショックで言葉も出ませんでした。今は、後悔し、妻と子供の為に一生懸命働いて家庭を大事にしようと頑張っています…。

コンテンツ

スペシャルサイト

銀座クリスタル倶楽部

[銀座クリスタル倶楽部]

広告掲載募集

広告掲載募集中